最新情報

せどりツール売上ランキング

  • サヤ取りせどらー最終バージョン

    高く売れる商品を探して在庫を見つけるのではなく、在庫のある商品の中から高く売れる商品を見つけるので、必ず仕入れ可能な商品だけをデータ抽出できる。
    電脳せどりを実践するなら是非手に入れておきたいせどりツール。

  • せどりアナライザー

    アマゾン出品者の売上、利益・回転率などを分析できるせどりツール。高額商品・回転率の高い出品者、売り上げの多い出品者などを参考にしたせどりを実践できる。
    稼いでいる人の真似をしたいなら必須のせどりツール。

  • サヤ取りせどらー3種の神器ヤフオク版

    ヤフオク仕入れの電脳せどりをすべてツールが担い作業を効率化。ヤフオクの中からアマゾンで高値で売れる商品を選別し、継続的に仕入れて販売できる。
    ヤフオク仕入れに特化した電脳せどりツール!

中国輸入で代行業者を選ぶ際のポイントは?

 

e77a25c5041e9bb5512752346dc4f84a_s

 

中国輸入に関する問い合わせで
多いのが購入代行業者に関するものです。

 

特に多いのが、
「どの代行業者がお勧めですか?」
というものです。

 

やはりタオバオから個人輸入するにあたり、
代行業者を使って仕入れるのが、
一番の安全策と言えます。

 

ただ代行業者が現在非常にたくさんあるために、
どこを使えばよいのかで迷うという事が生じます。

 

手数料なども業者によって違うので、
何を基準にすればよいのか分からない・・・、
と感じるのももっともです。

 

有名どころの業者を使えば問題ない。

 

というのが答えになってしまうのですが、
業者を選ぶ際の重要なポイントとなるものがあります。

 

ちなみに有名どころの業者はこちら

 

タオバオナビ

 

ファーストトレード

 

他にもひなかと言った業者も
比較的よく出てくる業者です。

 

これらの業者を使うとほとんど問題ないですが、
じゃあ決め手となるポイントは何か?
という事ですが、

 

実はそれは料金の安さではありません。

 

代行業者を選ぶ際のポイントは料金ではないのです。

 

確かに他の業者より安い料金設定の業者もありますが、
対応が遅かったりサービスが不十分であるなら、
それは避けるべきかもしれません。

 

・・・で、
じゃあ代行業者を選ぶ際のポイントは何か?と言うと、

 

それは対応の早い業者であることです。

 

商品が到着するまでに何週間もかかるならば、
商品の回転率も資金の回転率も悪くなります。

 

対応の早い業者であるなら、
売れる商品に対してすぐに仕入れを繰り返せるので、
月の売り上げに大きく影響してきます。

 

手数料が安くても対応が遅いなら、
その業者は避けるべきなのです。

 

逆に手数料が他よりかかったとしても、
対応が早いならばそこを活用すべき、
と言うのが答えになります。

 

その点で言うならば、
ファーストトレードは対応が早いので、
選択肢の有力候補になるでしょう。

 

中国輸入の代行業者選びのポイントは、
ズバリ対応の早さです。

 

これを基準に選ぶのが最も効果的と言えるでしょう。

 

対応が早ければ手数料が高くても、
全く気にならないはずです。

 

売上でカバーできますので。

 

せどりや転売ビジネスで何を仕入れるべきか?

 

7d50d0b897007395ce68f25cdaa03a13_s

 

せどりや転売ビジネスで何を仕入れるべきか?

 

初めて実践する人がまず最初に
ぶつかる壁はこの点です。

 

どんな商品を仕入れたらよいのか?

 

どのように利益の出る商品を見つけるのか?

 

これが分からないために多くの人は、
手探りでリサーチし多くの時間をかけて、
仕入れる商品を探していきます。

 

一方ですでに実践している人たちは、
あまり多くの時間をかけずとも、
仕入れる商品を見つけることができ、
効率的に仕入れと販売を繰り返しています。

 

仕入れる商品を見つける方法は、
すでに確立していてそれが分かると、
決して難しい作業とはなりません。

 

ちょっと知識とコツだけで、
仕入れられる商品を芋づる式に見つけることができます。

 

その一つの方法として挙げられるのが、
すでに成功している販売者・出品者を参考にして、
商品を仕入れていくという方法です。

 

これがもっとも分かりやすい方法の一つです。

 

つまりすでにせどりや
転売を実践し稼いでいる出品者が
何を仕入れて販売しているのかを参考にして、

 

その中から売れている商品を見つけ出し、
同じ商品を仕入れていくのです。

 

この方法の利点は、
仕入れられる商品を一つだけ見つけられるのではなく、
一度に幾つかの商品を見つけることができるという点です。

 

またその出品者を定期的にチェックしたり、
アラートを付けておくことで、

 

新たにどんな商品を出品するようになったのか、
という事も分かるようになります。

 

それらの出品者も何も考えないで、
商品を仕入れているわけではないので、
乗っかる形で良いとこ取りができるのです。

 

すでに稼いでいる出品者を参考にして仕入れる、
という方法はもっとも確実性の高いリサーチとして、
受け入れられています。

 

個人的にも
ヤフオクやアマゾンに出品している商品の中で、
上記の方法で仕入れて販売するようになったものが多いです。

 

ヤフオクであるなら、
オークファンというツールで可能ですし、

 

オークファン

 

 

アマゾン販売であるなら、
せどりアナライザーというツールは
非常に活用できます。

 

せどりアナライザーについてはこちら

 

どちらもすでに稼いでいる出品者を
参考にするという点で大きな威力を発揮します。

 

また最近ではせどりアナライザーの
米国アマゾン版が販売されており、
こちらもアマゾン輸出を実践する人たちに重宝されています。

 

米国版せどりアナライザーについてはこちら

 

もっとも基本的な方法である、
成功者の真似をするというリサーチ方法。

 

この方法が何を仕入れるべきを解決する、
一つの手法となっています。

 

ツールを使うリサーチと使わないリサーチについて。

 

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

 

国内せどりや海外せどりに関わらず、
必要になってくるのは仕入れる商品のリサーチです。

 

リサーチが全てとさえ言える、
転売ビジネスにおいてこの作業は
とても重要な位置を占めています。

 

そんなリサーチに関して、
現在2つの手法に大きく分けられます。

 

一つはツールを使わない作業によるリサーチと、

 

ツールを使ったリサーチです。

 

単純な効率でいうなら、
ツールを使ったリサーチの方が、
仕入れられる商品を見つけやすいと言えます。

 

実際にリサーチの効率を上げるために
開発されたツールですので、
効率が悪くなるはずがありません。

 

ただツールを使ったリサーチは、
抽出したデータが全て仕入れられるわけではなく、
そこからのさらなる仕分けが必要になります。

 

本当に仕入れられるのか、
仕入れて販売するときにその商品は売れるのか、
などを見極めていく必要があります。

 

ツールに全てを頼るわけではありません。

 

一方でツールを使わないリサーチ法は
効率が良いとは言えませんが、
見極めの精度ならツールよりも高くなります。

 

ただし見つけられる絶対数では
どうしてもツールにはかないません。

 

それでも手動リサーチを身につけておくなら、
いざという時に役立ちます。

 

海外輸入を例にあげて考えても、
ツールを使わないでリサーチしていくことは可能ですが、
かなりの時間をリサーチに割くことになり、

 

一方でツールを使ったリサーチは、
対象となる商品を抽出してくれるので、
見極めは必要になるとは言え短時間で仕入れが可能です。

 

こう考えると軍配はツールにある、
と言えるかもしれませんね。

 

時折ツールを使ったリサーチと、
使わないリサーチのどちらが良いのか?
と尋ねられる時がありますが、

 

一概にツールを使う方が良い、
ともなかなか言えません。

 

それでもこうして冷静に文にしていくと、
やはりツールを使った方が効率的になります。

 

特に海外輸出入ビジネスでしたら、
ツールを活用する方がお勧めです。

 

ちなみに中国輸入でしたら手動リサーチですね。

 

ツールを使うにしろ使わないにしろ、
リサーチ抜きで転売は語れないのです。

 

ちなみに海外転売で輸出入における、
リサーチツールはこちら↓↓

 

グローバルせどらー完全版についてはこちら

 

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ