大口出品者に登録することのメリット。

Pocket

 

 

Amazonで出品アカウントを作成する際に、
小口出品者として登録するのか、
大口出品者として出品するのか選択します。

 

小口出品者は商品が売れるごとに、
手数料がプラス100円かかるシステムですが、

 

大口出品者は月額4900円を支払うことで、
その手数料が免除され、
各商品ジャンルの手数料も若干少なくなります。

 

ですからよく月に50個以上の商品を
Amazonで売れているなら大口出品者の方が
お得になるとよく言われます。

 

・・・が、
大口出品者は実はそれだけではありません。

 

大口出品者となれば、
Amazonに販売されていない商品を
新規で登録することが可能になりますので、

 

海外から輸入した日本未発売の商品を売りたい場合は、
大口出品者となる必要があります。

 

中国輸入などでもタオバオから仕入れますが、
Amazonで販売されていない商品はたくさんありますので、
それらをAmazonで売りたいなら大口出品者となる必要があるのです。

 

もちろん、
新規の商品をAmazonで出品するには、
Amazonに商品申請する必要がありますが、
それも難しくはないので、

 

新規商品をAmazonに出品するなら、
大口出品者となることは必須事項です。

 

次回は新規で商品を登録する際の
注意点についてお伝えします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ