「丸投げせどりの教科書」 當間初子 レビュー 評価


 

「丸投げせどりの教科書」という
2,980円の格安せどりノウハウがあります。

 

これですね↓↓

 

今回はこの「丸投げせどりの教科書」に関して、
語っていきます。

 

まずこのせどりノウハウを見て思ったのは、

 

まるでかつての
阿部式せどり塾の縮小版。

 

実践者はバーコードリーダーを使って、
ブックオフで仕入れる。

 

それを業者に段ボールで送付する。

 

あとは業者がアマゾンで販売し、
売れた金額を実践者に送金するというシステム。

 

阿部式せどり塾でやってたことを、
格安ノウハウとして提供しているという印象です。

 

もちろん、
システム的にそれが運営できるのであれば、
何の問題もなく実践できるでしょうが、

 

販売を他者に丸投げして稼げるほど、
せどりは甘くはないというが個人的な思いです。

 

2,980円という格安の価格ですので、
あえて触れる人も少ないのかもしれませんが、

 

この内容をみて違和感を感じるのは
わたしだけではないはず・・・。

 

またそもそもの仕入れの部分で、
このせどりスタイルは今後長続きはしない、
というのを感じます。

 

というのは現在ブックオフは
バーコードリーダーを使った仕入れに
厳しくなっている現状があります。

 

またせどらーに対しても、
大量仕入れをできないように動いています。

 

ビームを使って複数のカゴいっぱいに仕入れる、
というのはできなくなってきているのです。

 

「バーコードリーダー等の使用禁止!
カゴは一つまでとします!」

 

なんて告知も多く見られるようになってきました。

 

そんな状況ですから、
ビームを使って大量の仕入れを実践するのは、
今後できなくなっていくことでしょう。

 

セールスレター内で大々的に映っている、
大量仕入れは今後確実にできなくなります。

 

カゴ8個いっぱいに仕入れとか、
普通に考えても単なる迷惑行為です。

 

加えて言うなら、
写真のレシートを見たら、
2013年8月のレシートです。

 

ブックオフがせどらーに対して、
本格的に動き出したのはそれ以降ですから、
現在はすでに実践できない店舗があります。

 

私自身もビームを使った仕入れを実践していますが、

 

実践者からしても
確実に淘汰されていくであろうと実感します。

 

ビーム禁止店舗は確実に増えていますので。

 

ですからまず仕入れの面で、
ノウハウ内に書かれているように上手くはいきません。

 

加えて丸投げと掲げられているように、
業者を使って販売していくシステムは、

 

果たして本当に
労働に見合った対価が得られるのか疑問です。

 

自分で販売して収入にしたいというのが、
自然な思いですね。

 

FBAを使えばいいだけですし。

 

以上幾つかの観点から、
個人的には「丸投げせどりの教科書」を
お勧めする理由はありません。

 

新しい何かを学べることもないですし、
思い出すのはせどり業界の負の歴史だけです。

 

ただし詐欺的な内容とかそういうことではありません。

 

あくまでも個人的な意見としてです。

 

転売教材でも安くても、
有益な内容のものを提供してくれるものもあれば、

 

それなりのものも存在します。

 

「丸投げせどりの教科書」はそれなり以下かな・・・。

 

お手頃価格のせどりノウハウであるなら、
下記の教材などがお勧めです。

 

古本せどり王道教材!「プロフィットせどり」

 

値段以上の内容が詰め込まれている、
実店舗型の本格せどり教材です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ