せどりアナライザーで見えてくる販売者の特徴とは?


 

せどりアナライザーを使って
Amazon出品者の状況を解析していると、
いろんなことが見えてきます。

 

その出品者の1週間の売上や1月の売上、
回転率や仕入れた商品と売れた商品など、

 

数字として分析できることや、
データとして得られるものを詳細に把握できます。

 

またこれらの分析やデータだけでなく、
そのAmazon出品者がどんな品揃えで、
販売しているのかも明確に分かってきます。

 

特にジャンルにこだわらずに、
様々な商品を扱っている出品者もいれば、

 

ある特定のジャンルに絞って品揃えをし、
専門的に販売している出品者もいます。

 

様々な出品者からいろんなことが見えてくるのです。

 

本のなかの特定のカテゴリを扱っているとか、

 

カメラであるなら特定のブランドを扱う、

 

ある種の特定のDVDを主に扱っている、などです。

 

最近では絵本せどりマニュアルという、
せどりノウハウが販売されていますが、
まさにそのような感じです。

 

本の中の絵本に的を絞って
仕入れと販売を行うというようなスタイルです。

 

ジャンルにこだわらないのと、
ジャンルにこだわっているのとでは、
どちらの方が稼いでいるのかというのは、

 

一概にはあまり言えないのですが、
せどりアナライザーでの分析を見ていると、

 

特定のジャンル・カテゴリを扱っている出品者の
売上や回転率が非常に良いことに気づきます。

 

先日もマニアックなジャンルの商品を
主に扱っている出品者を幾人か分析していましたが、

 

それらの出品者の回転率と売上が、
異常に良いことが分かり胸が踊りました。

 

このジャンルを扱えば、
どれぐらい稼げる見込みがあるいうことが、
明確に分かったからです。

 

このように特定のカテゴリ専門に
商品を揃えている出品者の情報や分析は貴重です。

 

それらを参考にした販売スタイルを
真似することもできるようになるからです。

 

またこれらの分析から分かることの一つに、
こだわりなく色んな商品を扱っていくよりも、

 

特定のジャンル・カテゴリに絞って、
品揃えをし販売していく方が、
個人で実践するには適しています。

 

個人的にも本やCD、DVD、カメラ、中国輸入商品などなど、
いろんな分野に手を出してはいますが、

 

それぞれ特定のカテゴリをメインにして
扱うようにしています。

 

その参考の要となっているのが、
せどりアナライザーを使っての解析データです。

 

日本版も米国版でも、
参考にするAmazon出品者は
誰でも良い訳ではありません。

 

特定のカテゴリに特化している
出品者の情報は相当貴重です。

 

それらを掌握できるのがせどりアナライザーなのです。

 

「米国版せどりアナライザー」のレビューはこちら

 

アナライザー米国

 

sp_orderbutton18_Gothic

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ