アマゾンの正確な利益計算ができるAmafee(アマフィー)を活用する!


 

国内のショップから仕入れるにせよ、

 

海外輸入で仕入れるにせよ、

 

実際にどれぐらいの利益が得られるのか?
ということを把握しておく必要があります。

 

500円で仕入れたDVDが、
相場価格1200円でアマゾンで売れることが分かりました。

 

差額が700円あるからこれは仕入れだな、
と感覚で仕入れてしまっても大丈夫でしょうか?

 

いいえ、
単に差額が700円あるからと言って、
感覚で仕入れてしまうのは危険です。

 

実際この商品を仕入れて、
仮に1200円で売れたとして、
利益はどれぐらいになるでしょうか?

 

販売形態としてアマゾンの大口出品で、
FBAを活用した場合としましょう。

 

そうすると、
1200円で売れたこの商品から得られる利益は、
238円になります。

 

700円も差額があったからといっても、
手数料を引くと利益は238円なのです。

 

内訳としては、
販売手数料15%として180円、
カテゴリー成約料として140円、
FBA手数料(出荷作業・重量)として142円、

 

手数料の合計として462円が引かれてしまいます。

 

手数料を無視してしまうと、
手元に残る利益がわずかということにもなってしまいます。

 

ですから仕入れ値と相場価格に差があるからとって、
安易に仕入れてしまうのも考えものです。

 

薄利多売なら問題ありませんが、
品数が多くないのにこの程度の利益の商品ばかりだと、
忙しいだけで収入は全く増えていかないでしょう。

 

アマゾン手数料は決して無視できないのです。

 

同じ商品を同様にヤフオクで販売できた場合は、
635円の利益になります。

 

販売先によって手数料が違うので
得られる利益は全く変わってくるのです。

 

中国輸入でタオバオから商品を仕入れる場合も、
国内の店舗で商品を仕入れる場合も、

 

アマゾンで販売なら利益がどれほどになるのか?
という事を確認しておくことは大切ですです。

 

慣れると頭で大体の利益が分かりますが、
慣れないうちはAmafee(アマフィー)を活用できます。

 

Amafee(アマフィー)

 

入力は簡単です。

 

仕入れ値と想定売値を入力し、
商品のサイズ、大口出品か小口出品を選択し、
FBAか自己発送かを選択し、
後は商品のジャンルをクリックするだけです。

 

どれぐらいの利益となるのか、
瞬時に表示され、手数料の内訳も表示されます。

 

個人的にも仕入れの際の目安に活用しており、
実はアマゾンのFBA料金シミュレータよりも使えます。

 

損益分岐点、
つまり利益が0になる売値の額と、
利益が0になる仕入れ値の額も表示してくれるので、
何かと重宝するのです。

 

アマゾン手数料は決して無視できない要素です。

 

この商品は売れた場合、
これだけの利益が得られるという事を、
きちんと見極めておきましょう。

 

利益が得られない商品を仕入れても意味がありません。

 

その点でAmafee(アマフィー)は
利益計算に役に立つでしょう。

 

サヤ取りせどらーシリーズにも
利益計算表が付いていますが、
正確な計算をしたいならAmafeeがお勧めです。

 

サヤ取りせどらー最終バージョンを使った仕入れの
見極めにも活用できます。

 

 

sp_orderbutton18_Gothic

 

 

サヤ取りせどらー最終バージョンの新特典の詳細はこちら

 

サヤ取りせどら―最終バージョンのレビュー一覧

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ