「オークファン」と「オークファンプロ」 それぞれの特徴と導入時期は?


 

当サイトでは転売ビジネスの必須ツールとして、
オークファンの導入をお勧めしています。

 

またオークファンの上位版に、
オークファンプロというツールもありますが、
こちらも転売ビジネスには重宝するツールです。

 

転売ビジネスに必須の
オーkファンとオークファンプロ。

 

それぞれの特徴と導入次期はいつなのでしょうか?

 

まずこの2つのツールの特徴ですが、
オークファンとオークファンプロは月額料金が異なります。

 

オークファンが月額513円、
オークファンプロが月額3,066円になります。

 

この月額料金の差は何を意味するのでしょうか?

 

まずはオークファンに関してですが、
オークファンは基本的に相場価格検索ツールです。

 

登録するとヤフオクでと引き去れた膨大なデータから、
過去3年間の落札相場を検索できます。

 

例えばある商品に対して、
過去30日間でどれぐらい取引され、
またどれぐらいの価格で落札されているのか、
商品名を入れるだけで簡単に調べることができます。

 

落札相場価格が分かると、
商品を仕入れる際にどれぐらいの価格で仕入れるべきか、
どれほどの利益が出るのかを判断できるようになります。

 

海外輸入でイーベイや海外アマゾンから
商品を仕入れる際にもオークファンは欠かせませんし、
タオバオからの中国輸入にも活用します。

 

もちろん国内転売でもそうですが、
オークファンは仕入れの貴重な判断材料になるのです。

 

リスクを軽減した仕入れが実践できるので、
オークファンは早い段階での導入をお勧めしています。

 

転売ビジネスを始めると決まった時点で、
導入しておくべきツールです。

 

月額も500円程度なので、
価格の面でも導入しやすいツールと言えます。

 

オークファンプロはどうでしょうか?

 

オークファンプロはオークファンの上位版なので、
オークファンにできないことがこのツールではできます。

 

その代表的な機能の一つが、
トップセラー検索です。

 

ヤフオクにはトップセラーと言われる、
月に何百万と売り上げている出品者や
効率的に利益を上げている出品者がゴロゴロいます。

 

オークファンプロはその出品者が、

 

どんな商品を仕入れて販売しているのか、

どんな商品が実際に落札されているのか、

商品の平均落札額は幾らか、

月にどれぐらい売り上げているか、

落札率はどれぐらいなのか、

 

などの全ての情報を引き出してくれます。

 

つまり稼いでいるトップセラーが、
どんな商品を販売し稼いでいるのか、
その全貌を抽出してくれるのです。

 

これは何を意味するのかと言いますと、

 

簡単に言えば、
ヤフオクで利益が出て売れている商品が
何かを把握することができるということです。

 

仕入れのためのリサーチをしなくても、
オークファンプロを使えば簡単に見つけられることになります。

 

ですから売り上げを伸ばしたいのであれば、
オークファンプロは欠かせないツールなのです。

 

オークファンプロが
オークション総合分析ツールと呼ばれるのももっともです。

 

ただし月額が3,066円と、
オークファンより高めなので、
資金が少ない時期には導入を悩むかもしれません。

 

ですからオークファンプロは、
ある程度波に乗ってから導入してもよいでしょう。

 

ただしいずれにしても、
いつかはオークファンプロの導入は必要になるでしょう。

 

資金的に余裕があるなら、
初めからオークファンプロを導入しても問題ありません

 

オークファンとオークンファンプロ、

 

違いを少し理解するだけで、
自分は今どちらを導入すべきかわかるはずです。

 

どちらも転売ビジネスには欠かせないツールなのです。

 

オークファンを使ったリサーチの一例

1週間の無料体験も可能です↓↓
オークションデータ分析なら「オークデータ」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ