ヤフオクとアマゾンの特性を活かして販売する!


転売ビジネスの販売経路のメインとなるのは、
どこになるでしょうか?

 

それは当然、
ヤフオク、アマゾンになります。

 

この2つのうち、
どちらを主に活用するか?と聞かれると、

 

多くのセラーは「アマゾン」と答えるでしょう。

 

実際、アマゾン利用者は右肩上がりで、
最近の転売教材もアマゾンをメインにする内容が多いです。

 

ではもはやヤフオクは不要なのか?
というとそういうわけではありません。

 

ヤフオクが使えないわけではありません。

 

全くの初心者であれば、
アマゾンよりヤフオクの方が始めやすい、
と感じるかたも少なくありません。

 

例えば意外と知られていませんが
アマゾンには出品するために
許可が必要なカテゴリがあります。

 

時計、服&ファッション小物、シューズ&バッグ、
ジュエリー、ヘルス&ビューティー、
コスメ、食品&飲料、ペット用品など、

 

出品するためにアマゾンに
許可申請をしなければなりません。

 

しかも許可申請は大口出品者のみ可能ですので、
小口出品の方は出品できません。

 

カテゴリ毎に出品前に許可を申請してから、
出品していかなければなりません。

 

許可申請自体は難しいわけではありませんが、
アマゾンにはアマゾンのルールがあり、
何でも自由に販売できるわけではありません。

 

一方ヤフオクには基本的に、
禁止されている商品以外は出品可能です。

 

家にある物を処分する目的で利用するなら、
ヤフオクの方が圧倒的に活用できますし、

 

制約に縛られずに自由に出品するなら、
ヤフオクの方がいいでしょう。

 

ヤフオクにはヤフオクの使いどころがあり、
アマゾンにはアマゾンの使いどころがあります。

 

個人的には輸入ビジネス関連は
ヤフオクを活用することが多く、

 

せどり(本・CD・DVDなど)に関しては、
アマゾンを活用することが多いです。

 

どちらかに偏るよりも、
特性に合わせて使い分けるのがベストです。

 

ちなみに、

 

家電製品はヤフオク・アマゾンの
どちらで販売するのがよいか?とよく聞かれますが、

 

家電せどりについては、
アマゾンを活用することをお勧めします。

 

家電関連に関しては、
アマゾンで出品する方が回転率もよく、

 

FBAも活用できるので
家が在庫で溢れることもありません。

 

家電関連はとにかく場所を取るので、
収容スペースの確保とアマゾンブランドの面でも
FBAを使った販売がベストになります。

 

これも特性を活かした販売方法です。

 

ここでは事細かに上げることはできませんが、
ヤフオク・アマゾンを使い分けて活用するなら、
転売ビジネスもより効率的に運営することができます。

 

どちらかだけという考え方では、
今後生き残っていくのは難しいかもしれません。

 

自分に合った転売ビジネスを実践したいならこちら

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ