欧米輸入と中国輸入の仕入れの考え方!


輸入転売ビジネスには、
大きく分けると2種の輸入先があります。

 

一つは欧米輸入。

 

イーベイ・海外アマゾンからの個人輸入が、
これに該当します。

 

もう一つは中国輸入。

 

タオバオ・アリババなどからの個人輸入です。

 

他にも韓国輸入など細かく分けるとありますが、
輸入ビジネスの主な仕入れ先となるのは、
これらの2つになります。

 

そして欧米から商品を輸入するのと、
中国から商品を輸入するのとでは、
仕入れの考え方も変わってきます。

 

まず欧米輸入、
イーベイや海外アマゾンからの
仕入れの考え方です。

 

・日本との価格差がある程度大きい商品を仕入れる。

 

・ブランド品を仕入れることもできる。
(アマゾンや海外デパートのサイトから購入可能)

 

・日本に送れない場合は、
 代行業者に発送を依頼する。

 

・小さく軽いものほど送料が安い。

 

・リサーチにはオークファンやオークファンプロ、
 海外輸入リサーチツールがあると便利。

 

・数をたくさん仕入れる薄利多売ではなく、
 利益の出る商品を厳選して仕入れていく。

 

・ジャンルにこだわらずに、
 様々な商品を仕入れることができる。

 

細かく上げると他にもありますが、
大きな特徴になるのは、

 

薄利多売スタイルではないという点です。

 

一概には言えませんが、
1商品当たりの利益が大きくなる商品を扱うことが多く、

 

仕入れ値が1万円以上の商品を
仕入れることも多々あります。

 

とにかく価格差が生じる商品を
厳選して仕入れて販売していくことになります。

 

また送料が大きな問題になるので、
これをいかに抑えるかも課題になるので、

 

基本的な考え方として、
大きくて重いものではなく、
軽くて小さいものであることが好ましいと言えます。

 

(とはいえ全て小さく軽い物を仕入れるのも難しく、
個人的にはカメラや美容器具などを仕入れることも多いです。
あくまで理想的な仕入れは、小さく軽いという事です)

 

イーベイやアマゾンからの個人輸入は、
気軽に行うことができるのが魅力です。

 

日本に送れない出品者も、
アメリカの代行業者を理容することで、
全ての商品を日本に送ることができるようになります。

 

海外にしか売っていない商品も多数あるので、
そういった物を見つけられれば、
かなりオイシイ思いをすることができます。

 

もう一つの分野である、
中国輸入の仕入れの考え方はどうでしょうか?

 

・日本との価格差が大きくない商品もしいれる。
(例えば1000円以下の利益が得られる商品など)

 

・ブランド品は絶対に仕入れない。

 

・仕入れは代行業者を使う。

 

・アパレル・雑貨など軽い商品が望ましい。

 

・リサーチにはオークファン、オークファンプロは必須。

 

・偽物が多いのでその点を意識した仕入れが必要。

 

中国輸入ビジネスが
欧米輸入(イーベイ・海外アマゾン輸入)と
大きく異なってくるのは、

 

仕入れ値が安い商品をたくさん仕入れて、
数を売って利益を上げていくという事です。

 

薄利多売に近いスタイルと言えるでしょう。

 

仕入れ値が100円~500円の商品を仕入れて、
国内で1000円ほどで販売するという事も、
珍しくありません。

 

高額な商品を仕入れるという事は、
まずありません。

 

タオバオはとにかく商品が安いです。

 

ですからそれを活かした仕入れと、
国内での価格差を活かした販売になるわけです。。

 

アパレル系や雑貨などを扱うことが多いですが、
多種多様な商品が販売されているので、
独占的に仕入れて儲けることもできます。

 

ただ注意しなければならないのが「偽物」です。

 

これはもうあえて説明する必要もなく、
ブランド品を中国から仕入れるのは、
絶対に避けた方が良いです。

 

有名ブランドと言われる商品であっても、
それが本物のように思えたとしても、
仕入れは避けるべきです。

 

この点は特に注意致しましょう。

 

偽物ブランドを国内で販売すると、
販売先のID削除だけでなく、
最悪逮捕なんてことにもつながってしまいます。

 

中国輸入は小資本(資金が少額)でも始められ、
仕事だけでなくプライベートでも
活用することができるので重宝します。

 

中国から仕入れた商品をそのまま、
アマゾンのFBAに納品してくれる業者もあり、

 

FBAを活用することで
在庫管理や発送の手間を省くことができるので、
オートメーション販売を実践することも可能です。

 

始めからは導入できないと思いますが、
ゆくゆくはそのような販売スタイルも取れます。

 

タオバオなどからの中国輸入は、
輸入ビジネスの中でも
特に始めやすい分野なのでお勧めです。

 

代行業者を使った仕入れになるので、
言語を心配する必要も全くありません。

 

欧米輸入と中国輸入は、
同じ海外輸入でも
仕入れの考え方は多少異なります。

 

これらの点をよく理解して、
自分に合った分野を始めてみると良いでしょう。

 

欧米輸入ビジネスと中国輸入ビジネスは
どちらも儲かる転売ビジネスであり、
安定した収入源をもたらしてくれる仕入れ先です。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ