米国版せどりアナライザーの作業の流れは?


 

米国版せどりアナライザーの使用については
基本的に複雑なことはありません。

 

数回のクリックで、
Amazon出品者のデータを解析することができます。

 

概観すると下記の流れになります。

 

1、監視したい出品者をツールに登録する

 

↓↓

 

2、 ツールを動かしてデータを取得する

 

基本的にやることはこれだけになります。

 

そしてポイントになるのは、
1で登録した出品者のデータが自動的に
得られるということではなく、

 

2の時点で取得した出品商品データと、
後日再チェックしたデータの差分をとって、

 

仕入れた商品、売れた商品、
売上や回転率を調査する仕組みなっています。

 

ですからまずAmazon出品者を登録し、

 

ツールを動かしてデータを取得していきます。

 

その後、1日後、1週間後など期間を開けて、
再度データを取得することで、

 

その出品者のデータを
はじめて解析することが可能になります。

 

なので何はともあれ、
Amazon出品者の登録からスタートになります。

 

通常は自分で探さなければなりませんが、
特典として参考にできる出品者データを
いくつかお付けしています。

 

それらを参考にすることもできますし、

 

自分が扱っているジャンルの出品者や

 

これから扱ってみたいジャンルの出品者、

 

日本人の輸出せどらーを登録するなどによって、
競合たちのデータを解析することができます。

 

やること自体は基本的に簡単なので、
様々な出品者を登録し、
どんどん解析していきましょう!

 

真似をすることが成功への近道になります。

 

Amazon輸出で失敗するリスクを
最小限に抑えることができるのが、
米国版せどりアナライザーなのです。

 

「米国版せどりアナライザー」のレビューはこちら

 

アナライザー米国

 

sp_orderbutton18_Gothic

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ