輸入ビジネスのメリットとデメリットを理解する!


輸入転売ビジネス(輸入ビジネス)の
メリットとデメリットについて考えていきましょう。

 

輸入ビジネスにも良い所・悪い所があり、
それを納得したうえで始めることはとても大切です。

 

やってしまってから知らなかった、
気づかなかったという事を避けるためにも、
理解しておくのは大事です。

 

さて輸入ビジネスのメリットは何でしょうか?

 

幾つか上げることができます。

 

・海外から商品を安く購入することができる。

 

・独占的に商品を仕入れて販売することができる。

 

・敷居が低く、誰でも始めることができる。

 

・言葉の壁があまり関係ない。

 

・利益率の良い商品を扱うこともできる。

 

・ブランド商品を扱うこともできる(中国輸入は対象外)

 

といったところです。

 

特に1ドル100台に推移している中でも、
イーベイ・海外アマゾンなどから安定した仕入れを
実現することができ、

 

何より国内で購入するより、
安く商品を仕入れることが可能になります。

 

個人的にはカメラ転売に関しても、
海外から個人輸入して仕入れることも多々あります。

 

またイーベイ・アマゾンを使った欧米輸入であれ、
タオバオなどを使った中国輸入であれ、
誰でも簡単に実践することができ、

 

しかも言語の壁を感じることなく、
気軽に始めることができるのも魅力です。

 

代行業者を使った仕入れなども可能なので、
日本語オンリーの取引もできます。

 

輸入ビジネスの場合は、
ヤフオク・アマゾンが販売先になりますが、
アマゾンの販売力を活かすこともできるので、
販売経路が強力なのも嬉しいところです。

 

欧米からの輸入に関しては、
格安でブランド品を仕入れることもでき、
全体的に利益率が高い商品が多いのも魅力です。

 

輸入ビジネスは強力な仕入れ先の確保となり
売上増加・安定収入にも繋がる、
メリットの多い転売ビジネスの一つです。

 

もちろん良い所ばかりではありません。

 

デメリットもありますがそれは何でしょうか?

 

・売れる商品選び(リサーチ)に苦戦する。

 

・手持ち資金が多い方が有利になる。

 

・輸入先によっては商品到着までタイムロスがある。

 

・手数料・送料がかかる場合がある。

 

などがデメリットになります。

 

特に商品選びであるリサーチが
ポイントになるビジネスなので、
これができるかできないかが大きな分かれ目になります。

 

この点を補うことができるツールなどがありますが、
リサーチで苦戦する方が非常に多いです。

 

資金は大いに越したことはありませんが、
クレジットがあれば対処することも可能です。

 

中国輸入に関しては到着までの時間は気になりませんが、
欧米からはどうしても到着まで時間がかかり、
それを見込んで次々に仕入れる必要があるので、
慣れるまで少し苦戦する方もおられます。

 

また代行業者を挟むと手数料や、
遠方からの輸入は送料がかかるので、
仕入れのための計算をしっかりしておくことも大事です。

 

デメリットもいくつかありますが、
この点をはっきり理解しておくことで、
それに対処していく方法も模索できます。

 

先ほども述べたように、
リサーチのためのツールを活用したり、
クレジットカードを使った仕入れを行なったり、

 

また個人輸入に慣れることで、
輸入ビジネスのデメリットを解消していくことができます。

 

リスクが全くない転売ビジネスではありませんが、
メリットの方が上回るビジネスであり、

 

なにより儲かるビジネスなのは確かです。

 

欧米輸入と中国輸入はまた少し違いますが、
どちらも魅力が多い輸入ビジネスなのは確かです。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ