電脳せどりにおける在庫数を決める計算式とは?


 

先日は実店舗せどりの売り上げを算出する、
計算式をご紹介しましたが、

 

電脳せどりに対しては、
この計算式は少し当てはまりません。

 

ブックオフでの仕入れと、
ネット店舗からの仕入れとでは、
仕入れる量も仕入れ値も全く異なります。

 

ですから在庫×2%を当てはめると、
電脳せどりの場合もかなり出品数を
増やさなければならなくなるでしょう。

 

電脳せどりは実店舗での仕入れより、
仕入れ値が高くなるので量を仕入れる面で不利です。

 

また利益が数百円しか出ない商品ではなく、
ある程度利益が得られる商品をリサーチして仕入れるので、
実店舗での仕入れより入念にリサーチしていきます。

 

入念にリサーチするということは、
売れる確率も高くなるので、
実店舗で仕入れた商品より良く売れていきます。

 

電脳せどりにはこのような傾向があるので、
在庫×2%は当てはまりません。

 

では電脳せどりの売り上げを算出する、
計算式はどのようなものでしょうか?

 

それは、在庫×15%になります。

 

月収20万円目標とし、
年間で240万円を目指すとします。

 

そうしますと月の売り上げは、
20万円×2で40万円となります。

 

40万円÷30日を計算すると、
1日の売り上げは約13、000円です。

 

13,000円÷1,500円(平均単価)で
9個になります。

 

1日の売り上げ目標数が9個ということです。

 

ここに在庫×15%を当ては待て計算すると、

 

9÷15%=60個となります。

 

つまり出品数(在庫数)が60個前後あると、
電脳せどりにおいては目標を達成できる計算になります。

 

出品数60個前後をキープしていくと、
毎日9個売れていく計算になり、
月収20万円を達成することができるようになります。

 

これはデータを基にした参考値になるので、
それぞれの数値に置き換えると、
どれぐらい出品数を維持すべきかが見えてきます。

 

電脳せどりにおいては、
出品数を60個前後に保つのが、
とても現実的な数字です。

 

厳選して仕入れていく電脳せどりで、
出品数を何百も抱えるのは難しいです。

 

しかしこれぐらいの出品数なら、
それほどハードルは高くありません。

 

電脳せどりに対しては、
在庫×15%を当てはめて計算することができます。

 

参考にしながら明確な出品数を
決めて仕入れを行いましょう。

 

最も活用されている電脳せどりツールはコレ↓↓

 

sp_orderbutton18_Gothic

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ