カメラ転売の定額置き販売のリスクとは!?


 

7add2835b189eb063870f3642da06392_s

 

カメラ転売に関して、
ヤフオクでは定額置き販売ですか?
それとも1円出品ですか?
という質問を受けることがあります。

 

定額置き販売とは、
自分が定めた金額で商品を出品することのことです。

 

例えばヤフオクでカメラを見ていても、
29,800円という定額で出品されているものもあれば、
1円や1000円で出品されているものもあります。

 

この場合29,800円で出品されている商品が、
定額置き販売になります。

 

この価格以下では売りたくない、
という場合に定額置き販売を活用します。

 

そのメリットとしては、
望む金額で商品を販売することができる、
という点があります。

 

利益計算をしていると、
この商品はこの価格以下で落札されると、
利益が出なくなってしまうということが分かります。

 

そのような商品を1円出品などして仮に、
2万円以下で落札されると利益どころか赤字になる!
ということも起こってしまいます。

 

そのような利益割りを回避するために、
定額置き販売を活用して赤字になることを
防ぐことができるわけです。

 

こう見ると非常に良いようにみえますが、
デメリットも存在します。

 

そのそのデメリットとは、

 

いつ商品が売れるか分からない、

 

不良在庫を抱える要因となる、

 

という点なのです。

 

この価格以下では売らないという定額置き販売は、
商品によっては売れるまで時間がかかる、
という事態が生じてしまいます。

 

特にまだ経験が浅い人が、
定額置き販売で商品を展開していくと、
資金回収ができずに仕入れができなくなる、
ということも起こってしまいます。

 

ですから注意が必要です。

 

実はこの定額起き販売、
リサーチがしっかりできる上級者向け、
あるいは経験者向けの販売方法です。

 

しっかりリサーチの元に仕入れを行わないなら、
容易に売れ残りが生じることがになってしまいます。

 

逆にしっかりリサーチした需要がある商品は
回転率もよくすぐに落札されていきます。

 

そういう商品は定額起き販売ができる訳です。

 

しかしリサーチ経験の少ない人が、
仕入れた商品を定額置きしてしまうと、
売れないという状況になってしまうのです。

 

じゃあ経験のない人は、
全て1円出品や1000円出品しなさい!
ということなのかというとそうではありません。

 

1円出品なども戦略的販売の一つの方法として、
活用することができますが、
全てをそうするのはリスクがあります。

 

ですからカギになるのはなにか?というと、

 

リサーチなのです。

 

そしてそのリサーチの仕方を
しっかり習得して実践することです。

 

リサーチがしっかりできるか、
ということが定額起き販売で失敗しない、
重要な要素になっていきます。

 

しっかりリサーチさえ出来れば、
長期間売れない事態は回避することができます。

 

アマゾンでの販売は、
定額置き販売になりますので、
やはりリサーチが要になっていきます。

 

私も何度も販売設定に関しては、
失敗を繰り返してきました。

 

その中で何が最善かであるか、
どこがポイントなのかを見極めることができました。

 

少なからず失敗は経験しますが、
それを糧にして次に活かすことができます。

 

定額起き販売のメリットとデメリットを理解し、
それを回避するための対処を講じることが大切なのです。

 

高く取引される商品リストを手に入れて
カメラ転売を始めるならこちら↓↓

「お宝カメラ・レンズの3つのリストセット(880リスト)」

 

カメラ転売のリサーチをしっかり習得したい方はこちら↓↓

「カメラ・レンズ転売バイブル2015」

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ