中国輸入ビジネスは欧米輸入とは別物である。


 

e77a25c5041e9bb5512752346dc4f84a_s

 

中国輸入ビジネスは今どうなのか?

 

輸入ビジネスにも色々な方法がありますが、
中国輸入の現状はどうなっているのか?

 

という質問を受けることがあります。

 

イーベイやアマゾンを使った輸入ビジネスと
タオバオを活用した輸入ビジネスは、
同じ海外輸入でも全く異なります。

 

イーベイやアマゾンでの海外輸入、
特に欧米からの商品の個人輸入の傾向としては、

 

・ブランドやメーカー品を仕入れることが多い。

 

・利益を得るために高額な商品を仕入れることが多い。

 

・たくさん商品を仕入れることはない。

 

・転送業者を活用して日本に配送する。

 

といった点を挙げることができます。

 

例を挙げるならカメラの輸入転売もその一つです。

 

単価が高く、
メーカー品を仕入れる背景には1商品だけで
利益が1万円以上になることが多々あるからです。

 

単価が高いだけに数を仕入れるのではなく、
厳選して幾つかを仕入れて販売しますが、
仕入れには転送業者を活用して日本に送ります。

 

欧米輸入は特に、
比較的高額な商品を仕入れることが多くなります。

 

一方で中国輸入ビジネスの傾向としては、

 

・ブランド・メーカー品は仕入れない。

 

・仕入れ単価の低い商品を仕入れる。

 

・仕入れ単価が安いのでまとめて仕入れて販売する。

 

・仕入れは代行業者を活用する(直接仕入れの方法もある)

 

になります。

 

同じ海外輸入でも欧米輸入とは
正反対の傾向になります。

 

仕入れ単価が安い商品、
500~5,000円の商品を仕入れるので、
まとめて商品を仕入れて販売していきます。

 

とにかく商品を早く捌き回転率を上げて、
利益を得ていくのが中国輸入になります。

 

どちらがいいのか?
というのは個人により異なりますが、

 

どちらのスタンスが自分に合っているのか?
というのが分かれ目になるでしょう。

 

あまり多くの時間を割くことができない状況でも、
じっくり一つ一つ吟味して仕入れ利益を得るなら、
欧米輸入があっているかもしれませんし、

 

時間はあるけど資金は限られており、
安く商品を仕入れて販売したいなら、
中国輸入に向いていると言えます。

 

ちなみに初心者であるなら、
個人的には中国輸入の方をお勧めします。

 

またどちらもリサーチで8割は決まってしまうので、

 

重要なのはとにかくリサーチです。

 

そのリサーチの方法も
欧米輸入と中国輸入では全く異なるので、
同じ海外輸入であっても別物になるのです。

 

昨今の中国輸入ビジネスのについてのまとめ記事!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ