電脳せどりの仕入れとアマゾンランキングの関係。

Pocket

 

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s

 

電脳せどりで仕入れる商品は、
どうしても仕入れ価格が高くなる傾向があります。

 

ブックオフせどりでは
単価の安い商品を仕入れることがありますが、
電脳せどりでは単価が1千~5千円以上も珍しくありません。

 

1万円以上の商品を仕入れるという事もあるでしょう。

 

リサーチツールでリサーチしていると、
例えば8千円で仕入れられる商品が
アマゾンの取引価格が2万円という場合もあります。

 

電脳せどりではそのような商品がゴロゴロ見つかります。

 

では先ほどの例でいえば、
価格差が1万2千円もあるのでこれは即仕入れよう!
ということになるのか?と言えば、

 

・・・それはなりません。

 

価格差のある商品を見つけたからと言って、
仕入れにはならないのです。

 

重要なのは、それが売れているのか?という点です。

 

これまでも仕入れの重要な要素として、
その「商品の需要」を挙げてきました。

 

価格差がいくらあったとしても、
その商品がアマゾンで売れていなければ、
仕入れても何の意味もありません。

 

ですから、「需要」つまり、
その商品が売れるかどうかを見極める必要があります。

 

ではどのように需要を見極められるのでしょうか?

 

それは、アマゾンランキングです。

 

アマゾンランキングは、
モノレートなどで確かめることができます。

 

モノレート

 

アマゾンランキングを確認し、
過去3か月のグラフの変動がなければ、
その商品はその期間売れていないということです。

 

逆にアマゾンランキングが頻繁に振れているのであれば、
その商品はコンスタントに売れていることになります。

 

※下記のようなアマゾンランキングの振れが一例です↓↓

中国せどらー003-1

 

※本当によく売れている商品はもっと振れが激しくなっています。

 

頻繁にランキングが振れていることが、
仕入れの目安となるのです。

 

電脳せどりのリサーチで見つける商品も
価格差が大きいことが仕入れ基準になりません。

 

大切なのは「その商品が売れているかどうか」なのです。

 

それが確認できてはじめて仕入れに結び付きます。

 

もちろんアマゾンランキングは絶対的なものではありませんが、
ランキングの振れは売れているかどうかの重要な指針になります。

 

5千円以下の商品でも、
1万円以上の商品を仕入れる場合であっても
判断の見極めはそこになります。

 

これがリスクを避ける重要なポイントです。

 

電脳せどりでは仕入れ価格が高くなるだけに、
この確認は重要になってきます。

 

この一手間が大切なポイントなのです。

 

使える電脳せどりツールを知りたい方は下記のツールを参考にしてください。

 

現時点でもっとも活用できる仕入れツール↓↓

 

電脳仕入れツール「セドリオン」

 

すでに成功している出品者を分析して仕入れるなら↓↓

 

せどりアナライザー

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

カテゴリー

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

このページの先頭へ