イーベイ輸出は専門店にすべきか?すべきでないか?


 

商品を出品し展開していく際に、
考えるべき選択肢の一つとして、

 

ある商品(ジャンル)の専門店にするのか?

 

いろんな商品を扱うバラエティショップにするのか?

 

という選択肢があります。

 

20b83031eee2fb216c1d412852230b0e_s

 

この点に関しては意見が様々で、
専門店の方が良い!という方も、
何でも屋が良い!という方もおられます。

 

わたし個人の経験から述べると、
ヤフオクやアマゾンでの出品に関しては、
基本的に何でも屋で構わないと思います。

 

様々な商品を扱うことで
売り上げを伸ばすことができますし、

 

ヤフオクやアマゾンで購入する方は、
専門店なのかをほとんど気にしないで購入するからです。

 

実際オークファンやせどりアナライザーなどで
稼いでいるセラーを分析していきますと、
専門店として稼いでいる方もいれば、
いろんな商品を扱って稼いで売る方もおられます。

 

専門店には専門店のメリットがありますが、
そうしなければ稼げないことはないので、
何でも屋でも問題ないのです。

 

しかしこれが海外輸出になると、
状況は変わってきます。

 

特にイーベイ輸出について取り上げますと、
専門店の路線で出品する方が良いと思われます。

 

そうする理由としては、

 

・リピーターが付かない

 

・出品数を増やさないと売れない

 

などがあります。

 

専門店ではないセラーから商品を購入しても、
関連商品が必要になったとしても、
再び同じセラーから購入しようとは思いません。

 

一方専門店で展開していると、
同じ商品や関連商品が欲しい際には、
また同じセラーから購入しようと思います。

 

イーベイではリピーターが付くことが、
売上にも影響を及ぼしていきます。

 

何でも屋として展開していると、
その場限りの購入者がほとんどですから、
リピーターが付くことはほとんどありません。

 

あるジャンルに特化していたり、
同じような商品のラインナップにしたりと、
出品に統一感を出すと専門店として認識され、
長い目で見たときに大きな差が生じます。

 

関連商品を扱うことで、
出品する商品のラインナップも増やせて、
リピーターも付いてきます。

 

また専門店にすると出品数自体が少なくても、
商品が売れていく傾向もあります。

 

イーベイのバイヤーは、
そのセラーがどんな商品を他に扱っているのか
確認することが多い傾向があるようなので、

 

専門店として認識されると、
品数がそれほど多くなくても売れていきます。

 

一方で出品商品に統一感がないと、
ある程度品数を増やしていかなければ
商品が売れない傾向があります。

 

以上の理由から
イーベイに出品する際には、
専門店を目指して出品していくのがベストです。

 

専門店と言っても、
出品商品に統一感を持たせるだけでも
十分効果があります。

 

もしイーベイ輸出を検討しているなら、
あるいは売り上げが伸びず悩んでいるなら、
参考にしてみてください。

 

専門店にすることで、
仕入れが効率的になるメリットもあります。

 

イーベイ輸出を検討されているなら、
無在庫販売ではなく在庫販売がお勧めです。

 

当サイトからご購入いただいた方には、
王道のイーベイ輸出ノウハウをお付けしています。

 

海外転売ビジネス(輸入ビジネス・輸出ビジネス)で生計を立てる!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ