無在庫販売と在庫販売のリスクから見えてくること


 

現在多くの人が抱く
無在庫販売のイメージは、

 

無在庫=ノーリスクになります。

 

348f73ceb21dc11cb422980d8007fa6d_s

 

注文が入ってから仕入れることで、
在庫を持つ必要がなく、
仕入れのための資金もいらずに
稼げる販売方法と広く認知されています。

 

確かにこの部分だけに注目すると、
リスクを負うことなく始められそうです。

 

アマゾンでの無在庫販売や、
イーベイでの無在庫販売、
バイマを活用した無在庫販売など、

 

無在庫で稼ぐ販売スタイルが注目され、
無在庫販売ノウハウが売れています。

 

最近ではバイヤーズファンやPERFECT-e、
バイマスターなどがこれに該当します。

 

しかし無在庫販売の実情はリスクが無いわけではなく、
しっかりリスクが存在しています。

 

その主なリスクとしては、

 

・必ず仕入れられるという保証がない。

・利益が出る価格で仕入れられるとは限らない。

・仕入れる商品の状態が分からない。

・商品の送料が明確に算出できない。

 

などを上げることができるでしょう。

 

特に注文が入っても、
商品が仕入れられる保証がない、
というプレッシャーは重くのしかかり、

 

確実に仕入れられる対策がなければ、
このリスクはとんでもなく大きいものになります。

 

注文後のキャンセルなどは評価や信頼に直結するので、
長い目で見ると無在庫販売をメインに展開するのは、
非常にリスクが高いと言えます。

 

では逆に無在庫ではない、
商品を先に仕入れて在庫を持って販売する、
いわゆる在庫販売はどうでしょうか?

 

もちろん在庫販売にもリスクがあります。

 

・仕入れるために資金が必要。

・確実に商品が売れる保証がない。

・在庫を抱える可能性がある。

 

などがあります。

 

これらのリスクは商品を販売するうえで、
必ず抱えるリスクになります。

 

どの店舗であっても、
仕入れた商品が確実に売れる保証はなく、
仕入れのためのお金も必要です。

 

出品している商品の在庫を、
保管していく必要も出てきます。

 

一見するとリスクがあるように見えますが、
これが当たり前の販売スタイルなのです。

 

普通のどの店でも、
印刷した商品の広告だけを店に並べて、
在庫を一切持たずに販売している店はありません。

 

実店舗とネット上では違いもありますが、
やはり必ず限界が生じてきます。

 

個人的に無在庫販売は
メインで実践する販売方法ではなく、
サブ的に行なう方法であると考えています。

 

つまり在庫販売を実践する中で、
確実に仕入れられる商品に関しては、
無在庫で販売していくというものです。

 

あくまでも在庫販売がメインになるのであって、
無在庫販売をメインに据えるのはリスクが高いでしょう。

 

在庫販売のリスクは、
しっかりリサーチすることで少なくできますし、
対処方法は幾らでも存在します。

 

無在庫販売ほどハイリスクではないのです。

 

ここ近年見られる無在庫販売の煽りは、
個人的には理解できません。

 

無在庫販売教材のほとんども
メリットしか伝えておらず、
リスクについては触れていません。

 

私の知る限りでは、
無在庫販売だけで稼いでいるセラーを
見たことはありません。

 

それで稼げるようなものではないのです。

 

こちらの記事も読まれています↓↓

 

無在庫販売の実情と生じるリスクとは!?

 

BUYMA(バイマ)で商品を売ることの実情とは!?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ