せどりシュミレーターを実際に使ってみると?


 

先日より販売が開始された、
せどりの練習ができるせどりシュミレーター。

 

実際に使ってみるとどういう感じになるのか、
簡単に概略していきたいと思います。

 

せどりシュミレーターでは、
お金をかけることなく商品の先行きを見れます。

 

ですからシュミレートすることで
もしこの商品を販売していたらどうなっていたのか?
という事が明確になっていきます。

 

では実際にどのようにツールを使って、
それらを識別できるのか見ていきましょう。

 

まず最初にやることは、
商品登録の作業になります。

 

試しに家にある処分予定の商品や、
ブックオフで仕入れてみたい商品でもいいですし、
付属のデータ収集ツールを使って得た商品データでもいいです。

 

販売したらどうなるのかを
見てみたい商品を登録していきます。

 

こんな感じでまずは商品登録↓↓
※少し面倒な作業かもしれませんが、そこは我慢。

sedorisimu1

 

商品登録が済みましたら、
今度は検索設定を入力していきます。

 

せどりシュミレーターではランキングが上がった時に、
商品が売れたと処理されていきますので、
何時間ごとにランキングチェックするかを決定します。

 

sedorisimu2

 

あまり細かく設定するよりも、
ある程度感覚を開けて検索するのがベストです。
(12時間以上が良いでしょう)

 

一度設定するとあとは設定した時間ごとに、
自動でデータがチェックされていくので、
ここからは基本的にやることはありません。

 

検索実行をクリックし、
データが上がってくるのを待ちます。

 

まずは一回目の検索結果として、
下記のようにデータが抽出されてきます↓↓

sedorisimu4

 

このように検索結果が出てきますが、
1回目のデータを基準にして2回目、3回目と検索が行われて、
有効なデータが積算されていきます。

 

sedorisimu5

 

こちらが2回目以降の検索結果になりますが、
各項目に数字が表れるようになっていき、

 

全体として何個売れて、トータルの利益はいくらか?

 

各商品がいくらで売れて利益はどれほどなのか?

 

などの結果が得られます。

 

これらのデータを見ていくことで、

 

どの商品が実際に売れているのかが分かり、

つまり仕入れるべき商品を識別できる!

 

より厳選した仕入れができるようになります。

 

どの商品がどれぐらいの利益になったのか?
あるいは損益になったのか?も分かるので、
仕入れるべき商品をはっきり識別できます↓↓

sedorisimu6

 

※検索が繰り返されていきますと、
どの商品が何回売れたのかも分かるので、
回転の良い商品を識別して仕入れることも可能です↓↓

sedorisimu8

 

得られたデータを活用することで、

 

実際に仕入れるべき商品と、

それらを売ることで得られる利益がどれほどなのか、

 

明確に把握することができます。

 

また仕入れるべきでない商品も
はっきり識別していくことができるようになり、
仕入れの失敗を事前に回避することができます。

 

これらが全てシュミレーションで
一切お金をかけずに分かっていくのです。

 

後はシュミレーションした結果を
実践に反映するだけです。

 

これがいかにリスク回避につながるか、
理解して頂けると思います。

 

シュミレーションで結果が見えているので、
自信を持った仕入れることができるようになります。

 

やること自体は複雑なことは一切なく、
一度商品登録さえしてしまえば、
後は自動でツールが検索してくれます。

 

せどりシュミレーターをお勧めする理由、
少しは理解して頂けたと思います。

 

初心者はもちろんですが、
せどり実践者にも導入価値は十分あります。

 

かなり面白いせどりツールになっています。

 

せどりシュミレーター レビュー&特典

 

sedorisimu

sp_orderbutton18_Gothic

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ