鉄板電脳オークション「小山式」の違和感の正体。

Pocket

 

本当に電脳せどりを実践しているのか、
疑わしく思えてしまうセールスページのせどり教材。

 

鉄板電脳オークション「小山式」

 

先日もお伝えしたどこに違和感を感じるのか、
簡単にお伝えしたいと思います。

 

まずせどり全般に置いて、
仕入れ値と売値の差額がそのまま利益になることはありません。

 

例えば1000円で仕入れた商品が
2,000円で売れるとします。

 

その差額は1,000円になりますが、
この金額がそっくり懐に入ってくるのではなく、
販売先の手数料などが引かれて最終的な利益となります。

 

ヤフオクなら落札価格の8.64%が引かれますし、
アマゾンでもカテゴリ毎の販売手数料やFBA手数料が引かれます。

 

ですから上記の場合、
ヤフオクで販売したならば手数料約172円が引かれ、
828円が利益になります。

 

落札価格が大きいほどに手数料は大きくなり、
仕入れ値との差額が少なければ利益も少なくなります。

 

ですから仕入れ値と販売価格の差額=利益、
にはなりません。

 

逆にこの差額が大きいほどに利益が大きくなります。

 

では鉄板電脳オークション「小山式」ではどうなのか?
見ていきますと・・・一目瞭然です。

 

差額が収益と表現されているだけでなく、
その差額があまりに小さいので実際に仕入れても、
利益はほとんど得られないでしょう。

 

例えば仕入れ値3,191円の商品が
ヤフオクで3,980円で販売され789円の収益となっています。

 

先ほどの通りヤフオクの手数料は8.64%ですので、
約350円が引かれると利益は440円・・・。

 

3,000円の商品を仕入れて利益が440円・・・。

 

もっとひどいものになりますと、
仕入れ値が5,779円、販売額が6,371円。

 

価格差が592円とアピールされていますが、
この場合手数料は550円になりますので、

 

実際手元に残る利益は42円。

 

たった42円を得るために5,000円以上の商品の仕入れる。

 

これは頭がおかしいとしか言えません。

 

このように本当に電脳せどりをやったことがあるのか?
という記載が満載のセールスページです。

 

電脳せどり実践者ならすぐにこれに気づきますし、
このせどり教材はせどりを知らない人が記したと分かります。

 

鉄板電脳オークション「小山式」はそのようなものなのです。

 

それでも知らない人にとっては、
魅力的に思えるようにページが構成されています。

 

気を付けた方が良いでしょう。

 

電脳せどりに活用できる教材やツールは他にもあります。

 

例えば下記のツールを使えば
仕入れ値と販売価格の差が大きい商品も
見つけることができるようになります。

 

サヤ取りせどらー最終バージョン

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール



オークションマスター真市
転売・せどりで稼いでます!
月収100万円突破!
こちらも1000万円突破↓↓
売上インフォ

Feedly

follow us in feedly
ランキング参加中!
ブログランキング

カテゴリー

メルマガ&特典フォーム

メルマガ購読・解除
 

購入された方は下記のフォームから特典を申請してください。
特典申請フォーム

このページの先頭へ